生命エネルギー誘発 

 生命エネルギーが発現すると、神通力とか超能力と呼ばれる力が出ます。

 能力と言いますが、 本来この力は万人が等しく保持しながら、日頃使用しない為、眠っている状態の能力です。

 その眠れる力を醒まさせ、活力を与え、発動させる為に、昔の行者は滝に打たれたり断食をしたり難行苦行をしましたが、生命エネルギーを発現できる 熟達した人に師事して迷信を持たずに指導を受けると、難行苦行することなく凡人が偉大な力を発現するようになります。

 大昔、飛騨の先祖方が池を囲んで太陽や月を浮かべて、その光をジーッと見て心を鎮められていた方法に学び、中央にローソクの灯をつ けて凝視し、深い境地に入る精神統一を行います。

 精神統一のすぐれた指導者から生命エネルギー誘発を受けると、井戸ポンプの呼び水のように生命エネルギーが出易くなり ます。

 なお、六次元セラ ピスト以外は自分と家族のみに病気・悪癖治し等の精神統一を行なうよう限定しています。

 これは最近の精神世界ブームで、無能力の霊感師が苦しむ人々をだましてお金を取る事が多いので、そのような事がないように、万が一にもそういう人 を出して世間にご迷惑をかけることがないようにするためです。

 多くの宗教における暗示の力でも病気が治ることがありますが、信じることができない赤ちゃん等には効きません。また、その宗教から 心が離れると再発したり、祟り等の迷信の暗示で他の病気が出たり、医者や薬を嫌って病気を重くするなどの弊害もあります。

 六次元セラ ピストの養成コースの講習を受け、迷信を持たず能力があると認めた人には、試験により級と段の免許を与えて、開業の道を開いています。